行事のご案内

3月例会案内

委員長発表

経営者・リーダーとして、年間テーマ「数字に強い組織にするために」のもと、1年間の例会を通して決算書を始め、様々な経営や経済に関する数字を学んで来ました。 
1年間の学びを通して、各々の委員長が自分なりに考え、実際に行動に移した方や、これから移していく準備をされている方もおられます。 
そこで本例会では、各委員長にご登壇いただき、1年間学んだことをどのように社業に活かしているのか、例会内容を振り返りつつ、発表していただきたいと考えます。 
1年の締めくくりとなる本例会で、経営者・リーダーとして「数字に強い組織にするために」の氣付きを持ち帰り、次年度へ向けて新たなスタートを切りましょう。 

講師紹介

講師:宮原委員長、松本委員長、長苗委員長、三浦実行委員長、森 

 

日時 3月18日(月)18時スタート
会場 メディアージュ愛知3階
スケジュール 17:30 〜 18:00 受付開始
18:00 〜 18:15 総会・例会案内、緑友・愛印工、会長挨拶、主旨説明
18:15 〜 19:25 委員長発表(15分×4名+10分×1名)
19:25 〜 19:40 堺会長挨拶
19:40 〜 19:45 謝辞、而立会ソング
2次会会場 店名:AOI cafe IZUMI
住所:〒461-0001 名古屋市東区泉1-22-30
TEL:052-228-8288
時間:20:00~22:00
4月例会 ええじゃないか委員会 総会

2月例会案内 

サバイバル ~その時、あなたは会社と社員を守れますか?~

 2018年は自然災害が多数発生した年となりました。この東海地区では東南海地震がいつ起きても、おかしくない状況です。災害が起これば、命を守る行動をとるのは当然ですが、私達は経営者・管理者として、会社の存亡に関わる金銭的リスクに対して準備、対応をしていかなければなりません。  

 そこで今例会では平野喜久氏をお招きし、災害訓練シミュレーションを行います。災害の模擬体験を通じて、非常事態下での最適な判断・行動とは何か?参加者それぞれが気付き、自ら答えを掴みとって頂きます。そして、ただシミュレーションだけで終わるのではなく、災害で現実に生き残るために「おカネがまわるかどうか」も演習します。災害に対しての危機意識を高め、生き残るための数字の重要性に気付いていただける設営を行います。

  震災倒産という言葉がございます。東日本大震災では、阪神大震災に比べ、約6倍の企業が倒産したとのことです。当例会が、たとえ東南海地震が起こったとしても、家族の命、社員の雇用を守り、そして経営者・管理者として企業活動の継続に備える起点となれば幸甚でございます。

 

 

講師紹介

newyoshihisa2.jpg平野 喜久様  (ひらきプランニング株式会社 代表取締役)

1962年 愛知県生まれ 名古屋大学経済学部経営学科をご卒業後、鐘紡株式会社でご勤務。財務本部にてファイナンス業務に従事。現在、ひらきプランニング株式会社代表取締役 企業のリスクマネジメント、BCPの策定支援、ビジネスパーソンのリスクリテラシー開発をテーマに意欲的に活動を展開されております。特に中小企業向けBCP策定支援は、2005年より取り組んでおり、指導実績はトップクラスでございます。中小企業診断士、NPO法人認定上級リスクコンサルタント

日時 2019年2月18日(月)18:00~21:20
会場 メディア―ジュ愛知 3階 会議室
スケジュール 17:30 〜 18:00 受付開始
18:00 〜 18:15 3月例会案内・緑友・愛印工・会長挨拶・主旨説明
18:15 〜 21:15 訓練・演習
21:15 〜 21:20 謝辞・而立会ソング  終了
21:20 〜 片付け撤収
緊急連絡先 当日の欠席、キャンセルなどは中島副委員長へお願いします。
二次会のご案内 時間: 21時30分~23時00分
店名: SUSHI BAR SAMURAI (元 魚ぎょばる)
住所: 愛知県名古屋市東区泉1-16-13 SATOビル1F
電話: 052-954-0100
会費: 5000円
講師の平野先生も参加されます。
3月例会 MISSION委員会 委員長発表

動画アーカイブ すべて見る

facebook プロフィールを見る

グループウェア